Conlon Nancarrowの作品映像 × 熊谷和徳

Conlon Nancarrowの作品映像 × 熊谷和徳
Conlon Nancarrowの作品映像 × 熊谷和徳

こんな風に素敵な方達をお誘いしているうちに、ニューヨーク在住、ホイットニー美術館のキュレーターのJay Sandersさんからクリスマスくらいに日本に来るかもという知らせを聞き、何かJayさんがレクチャーする機会を設けたいと伝えたところ、Conlon Nancarrow(人間の手では再生不可能な自動演奏ピアノの作品を作った事で知られている現代音楽の作曲家)の自動演奏のピアノが今Jayさんのご自宅にあるようで、その映像を持ってきていただけることになりました。(しかし、やはりJayさんはクリスマスの時期に来日する事が出来なくなり映像のみ送ってくださることに。)

その時パッと浮かんだのが熊谷和範さんのタップダンスでした。カズさんのタップは常に新しい音がしていて、たった二本足で作り出している音とは思えないほどです。ピアノとタップダンスというオーソドックスな楽器や踊りの中で身体からはみ出した表現をしているConlon Nancarrowと熊谷和範さんの共演、本当に楽しみです。

http://www.kazukumagai.net/
http://conlonnancarrow.org/nancarrow/Home.html

car and freezer fesival トップへ