I'm armed

I’m armed

Release Date 2012.10.17 / PECF-1053 felicity cap-155 / ¥2,625 / felicity
収録曲

01. I’m old
02. forgotten faces
03. rooms of orchids
04. i don’t know where to go
05. pieces of echo
06. homecoming
07. i know where to go
08. evening of the light
09. bela
10. I’m armed

購入する
  • amazon
  • tower records
  • hmv
  • diskunion

静寂と衝動。彼方まで続く夢幻の世界。海を渡り、時を越える、現代ピアノソロの新たな名作。
石橋英子から届いた最新作はキャリア初のピアノソロアルバム。気付けばずっとそばにいる。そんなあなたに寄り添う愛聴盤です。

あるときはシンガー・ソングライター。またあるときはマルチ・プレイヤー、プロデューサーとして、ふと現れてはあらゆる人を魅了し続けている石橋英子。バンド編成で作り上げたアルバム『imitation of life』から間を空けることなく届いた最新作は、その類まれなる作曲センスを完熟させ封じ込めたような全編インストゥルメンタルのピアノソロアルバムとなりました。映画のサントラがきっかけでソロ活動を始め、演劇の音楽なども手がける彼女にとっては、これも自然の中で生まれた作品と言えるでしょう。
音が色彩のように変化し、一瞬一瞬が美しく、ハッとさせられるような感覚はサティやラヴェル、そして彼女も愛するECMレーベルの諸作も彷彿とさせます。静寂に包まれ、広漠たる海や大平原が目の前に現れるようです。そんなクラッシックや、ジャズのエッセンスも含みながらも、シンプルなピアノソロにより彼女が持つ独特のポップセンスが楽曲に滲みでています。決して聴き手を選ばない懐の深さはラッパーからプロデューサーに至るまで、独自の活躍を続けるチリー・ゴンザレスの世界的なロングヒットとなったポスト・モダン・クラシックの名盤『ソロ・ピアノ』のように幅広いファンから支持されるロングセラーとなることを予感させます。まさに「女性版ゴンザレス」!と声に出したくなる様な冒頭の「I’m old」。まるで雨粒が踊りだし、音と沈黙のミュージカルが繰り広げられるような「i know where to go」など全ての曲にキラキラした音の粒が結晶化されています。きらびやかな旋律が自由に世界を彩っていく彼女屈指の人気曲「帰郷」をはじめ「ベラの食卓」や澁澤龍彦の小説をモチーフとして作られた「蘭房」も、「homecoming」「bela」「rooms of orchid」として新たに生まれ変わりました。もちろん今作もアルバム通してジム・オルークが録音・ミックスを手掛けており、そこで鳴り響いていた繊細で雄大な音が温かく存在しています。
また、3rdアルバム『carapace』のジャケットを手がけた澁谷征司の撮りおろし写真と、デザイナー木村豊(Central67)によるアートワークは、音楽とヴィジュアルの美しい関係性をより深めるものとなっています。時代と共に文化となっていった名作映画たちのように、長い間聴き続けられる、そんなサウンドトラックとなりました。

imitation of life

imitation of life

Release Date 2012.06.20 / PECF-1049 felicity cap-150 / ¥2,625 / felicity

carapace

Release Date 2011.01.06 / FCT-1006 felicity cap-119 / ¥2,625 / felicity

Drifting Devil

Drifting Devil

Release Date 2008.12.03 / XQFL1004 / ¥2,520 / Perfect Music

Works for Everything

Works for Everything

Release Date 2006.4.19 / XQFL1005 / ¥1,500 / Perfect Music